CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
Pookmark Airlines
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
五輪も締めくくり

ですねえ。

サッカー男子はアルゼンチンが優勝したそうで…。

五輪チームも率いたピエルサ監督は、『世界一仕事熱心な代表監督』ですね。すぐにW杯の南米予選もあるのに、本当に忙しいことです。

それだけに選手にも献身的な働きを要求します。してみれば、テベスはサビオラよりもお眼鏡に適うのかもしれません。

話し変わって、リレーってどうして種目もカテゴリーも問わずに、燃えるんでしょう…。町内の運動会でも燃えてしまいます。

| Sports | 23:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
心の消耗

さっき、金メダルを獲った柔道100kg超級の鈴木桂治選手は、頭に円形脱毛ができていました。元々あったのかもしれないし、断定はできないのですが…。

飄々とした風貌の選手なんですが、そう見せているからこそ、体がどこかでバランスをとろうとしているのでしょうね。体は正直ですから…。

ところで、この五輪の柔道では『不可解』な判定は全くありませんでした。審判同士の意見調整が迅速に行われていました。また、ポイントを稼いで逃げまくる選手には容赦なく『指導』があたえられましたし、『一本』の美しさも認識されたようです。

このように運営されるようになったのは、山下氏の尽力もあるんでしょうね。

そう云えば、体操の審査基準についても加藤沢男氏の力によるところが大きいとか…。

外に対してあるべき姿になるように主張して行く努力は本当に必要ですね。

| Sports | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニャアッ

…じゃないってば、福原愛ちゃん…猫

でも、うちにいる70超で今卓球を習っているバアさんも「ニャアッ」と聴こえると云っていました。

いっそ猫耳カチューシャでもしてもらうか…。

そんなきれいごとじゃない…ですか、そうですか。

福原愛ちゃんは、ポイントをゲットするとなぜ「ニャア」と鳴くの?(TABASCO PEPPER)

なんで愛ちゃんは(はてなダイアリー-ex)

| Sports | 17:17 | comments(3) | trackbacks(0) |
五輪のテレビ

民放が合同で分担をしているせいか、全体にゆったりした感じのつくりになってますね。シドニーのときのガツガツしたところはないです。

ミックスゾーンでの無理なインタビューも、メダリストの『各局プレスセンター引き廻しの刑』もなくなりました。いいことです。

うまいのはCXの朝番組でアテネに派遣された小倉智昭でしょう。

スポーツ観戦好きなのでインタビューでもツボは押さえています。アテネはカラっとしてるから、頭も蒸れなくて具合がいいのでしょう。スタジオの連中も彼がいないのでのびのびしているのがよくわかります。みんなハッピーなのがいいです、アノ番組(笑)

それにしてもテレビ朝日のアナウンサーで一番サッカーのことをわかっているのは、大下容子アナでしょうな。走る姿やボールの持ち方・蹴り方を観れば、スラスラ選手の名前が出てきて、ちゃんとピッチで起こっていることを伝えてくれそうな気がします。

角澤や田畑は仕事で実況をやらされているだけで、サッカーなんか好きじゃないことがよくわかります。

| Sports | 00:44 | comments(0) | trackbacks(1) |
女子バレーワールドグランプリ

今日はポーランドとの試合です。まだ継続しているのでどちらが勝つかは知りません。結果は既に出ているのでしょうけど…。

女子バレーでの現在の最強国はアメリカと中国で、ヨーロッパ各国はその次に位置するようです。そして、ヨーロッパで上位の国の実力は拮抗しているようです。特に今試合をしているポーランドは最近実力を上げつつあるようで、その混沌の要因となっています。

日本は、何回かに一回はヨーロッパの実力国に勝てるといったところでしょうか。南米の強豪国とも同じことが云えるのでしょう。

してみると、その勢力分布は女子のサッカーとほぼ同じなんですね。

さて、これが男子になると事情が違ってきます。顔ぶれが違いますが、これまた、サッカーの勢力分布と似ていなくもありません。

アメリカと中国が本気で男子サッカーの強化に乗り出せばどうなるか…。

答えはおのずと分かりますね。ただ、中国はともかく、現在でも十分強いアメリカがこれ以上、サッカーに力を入れるとは思えません。例えば四大プロスポーツの関係者もメディアをがっちり押さえて、そうはさせまいとしているわけですから…。

でも、アメリカのサッカー人口は多いから「やるスポーツ」から「観るスポーツ」にも興味を集めることは決して高い壁ではないように思います。

| Sports | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>